温泉入るサルはストレス緩和 長野・地獄谷で京大測定

ニュース

温泉入るサルはストレス緩和 長野・地獄谷で京大測定
//-->

サルでもわかる温泉の良さ!! やっぱり温泉は良い!

観光名所の長野県の地獄谷野猿公苑で温泉に入るニホンザルは、体内のストレス物質が減っていることが分かったと、京都大霊長類研究所のラファエル・サユリ・タケシタ研究員らのグループが発表した。人と同様に、サルにとっても温泉はリラックス効果があることを裏付ける内容で、国際学術誌で4日発表する。
 ニホンザルは世界で最も北に生息するサル。温泉入浴は地獄谷野猿公苑の雌を中心に見られる。1963年の冬に目撃されたのが最初で、今では雌の3分の1にまで広がる習慣になっているという。湯に漬かるのは、冬の寒さによるストレスを和らげるためとみられていたが、科学的なデータはなかった。
 グループは、野猿公苑周辺に生息する5~24歳の雌のニホンザル12匹について、温泉入浴の頻度やふんに含まれるストレス物質であるグルココルチコイドの濃度を詳しく調べた。
 その結果、冬期に入浴が確認された後のふんのストレス物質の濃度は、入浴していない場合よりも平均で約20%低かった。寒さが和らぐ春には入浴頻度が冬より大幅に下がり、濃度の差も確認できなかったという。
 タケシタ研究員は「ニホンザルは温泉入浴で寒さに適応し、繁殖や生存に生かしていると考えられる」と話している。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

温泉はサルに限ったことではなく、全ての動物に良いような気がする。そうでもないか・・・魚にとってはアウトだろうね・・。

温泉治療があるくらいなので、暖めるのは身体にとっても良いと聞いたことが有る。

あぁ、温泉旅行へ行きたくなった・・・。 温泉でのサルとの遭遇は希望しないが。

1
  • //-->
  • 関連記事

    カテゴリー

    タグ

    月別アーカイブ

    人気記事ランキング

    新着記事

    最新人気記事情報!