鬼は外 福は内と唱えるおなじみの節分がイヤでもやって来る!!

ニュース

鬼は外 福は内と唱えるおなじみの節分がイヤでもやって来る!!
//-->

そもそも節分って何?

豆

色々と疑問は尽きないですが、昔からやっているから特に疑問を持ったことがないと
いうのが、普通かも知れない。『じーさん・ばーさんや親がしていたから・・・


子供に聞かれても、まともに答えられないようでは恥ずかしいと思う気持ちも薄れてきている
昨今、ネットで調べれば何でも分かる!確かにそのようではありますが、このまま続くと
日本の素晴らしい文化が廃れていくような気も致します。

で、節分とは


季節の移り変わりを指し、立春、立夏、立秋、立冬のそれぞれの前の日であったのが、
元来のものである。

太陰太陽暦では、立春を歳の初めと定めたので、特に大寒の最後の日を特に節分として重視した。
太陰暦の大晦日に当たり、その夜を年越しといって柊の枝に鰯の頭を付けて門戸に飾り、日暮れに
豆まきをして厄払いをした。(季節の変わり目には邪気が生じるという考えがあった)


太陰太陽暦とは、月の満ち欠けのほかに、1年間の太陽の動きを考えに入れた暦。
一般には太陰暦という。

鬼は外

何で豆を撒くのか・・・・
宮中行事の「追儺」(ついな)と、邪気を払う為に春夏秋冬の節分に行われていた方違え行事
行事の「豆打ち」という儀式が合わさったものが「豆まき」の由来とされている。

現在のような「豆まき」の行事になるのは室町時代で、庶民にも広まったのは江戸時代。

大豆を使う理由は、日本では古来より、穀物や果実には「邪気を払う霊力」が存在すると
信じられていたので、五穀の内の一つである大豆は、神事に用いられていた。

色々な説があるようだ。

米よりも粒が大きいため、悪霊を払うのに最適であることや、京都鞍馬山に鬼が出た時に
毘沙門天のお告げによって大豆を鬼の目に投げつけて退治したことが始まりという伝説もある。

鬼は外、福は内は何でか

鬼・・・「姿の見えない者」「この世ならざる者」など、得たいの知れない「邪気」を意味し、
災害や病気は全て鬼の仕業と信じられていた。


豆は炒ったものを使うのは、旧年の厄をはらい捨てられたものなので、撒いた豆から芽が出る
のは縁起が悪いから、必ず炒った豆を使う。

さて、本当の鬼は一体どこにいるのか?

もう、お分かりですね(*^_^*)

1
  • //-->
  • 関連記事

    ピックアップ!

    ピックアップ!

    カテゴリー

    タグ

    月別アーカイブ

    人気記事ランキング

    新着記事

    最新人気記事情報!