鏡開きでしていけないことがある!が、ついついやっちゃうこと〇〇

ニュース

鏡開きでしていけないことがある!が、ついついやっちゃうこと〇〇
//-->

そもそも鏡開きって何? 何のためにするの?

鏡開き(かがみびらき)とは、正月に供えた鏡餅(かがみもち)を下げ、割って汁粉・雑煮などて食べる正月の年中行事。

年神様の霊力はお供えした鏡餅に宿るとされ、鏡開きで鏡餅を食べることで、新しい生命をいただき、新たな1年の無病息災などを祈る意味合いがある。

出典 http://www.worldfolksong.com

鏡開きを行う日付については、1月11日とする地域(関東など)、1月15日とする地域(関西など)があるほか、京都などでは1月4日に行われるケースもあるという。

江戸自体の初期の頃までは、鏡開きは1月20日(いわゆる「二十日正月」)に行われていたようだが、三代将軍・徳川家光の死後は、特に徳川幕府の影響の強い関東を中心に、1月11日に変更されることになったようだ。詳細については、こちらのページ「具足祝い・具足開き」を参照されたい。

由来・ルーツは武家社会の具足祝い・具足開き
鏡開きの由来・ルーツは、江戸幕府などの武家社会で行われていた「具足祝い・具足開き」という年中行事。鏡餅は兜や鎧などの甲冑(かっちゅう)や刀などに捧げられていた。

鏡開きの際は、餅を刃物で切ってはいけないとされているが、これは具足祝い・具足開きの頃からの習わし。刃物を使って鏡餅を切ることは、武家社会における「切腹(せっぷく)」を連想させることから、木槌(きづち)などで叩いて割ることが決まり事とされた。

鏡餅を「割る」という習慣は占いにも使われ、鏡餅の割れが多ければ豊作としてその年の吉兆を占った地域もあったようだ。

出典 http://www.worldfolksong.com

鏡開きでしてはいけない〇〇とは

鏡餅を刃物で切ってはいけないということだった。

具足祝い・具足開きの頃からの習わし。刃物を使って鏡餅を切ることは、武家社会における「切腹(せっぷく)」を連想させると、引用欄に記載した通り。


因みに、「具足祝い」(ぐそくいわい)または「具足開き」は、かつて戦国時代や江戸時代の武家社会において、正月に鎧・兜などの甲冑(かっちゅう)の前に供えた具足餅(ぐそくもち)または武家餅(ぶけもち)を下げ、槌(つち)などで割って食べた年中行事。と、ある。 なるほど、切腹を表すのか・・・。

「鏡開き」『おやさと百景』(32)

天理教の鏡開きは有名ですね。

作業に携わっている人の笑顔がとてもよく感じられます。

喜び一杯の気持ちが他の信者さんへ伝わるといいですね。

ところで、この行事に参加できるのは信者さんだけでしょうか?

無信心な自分ではダメなのでしょうね。 壮観なところを是非拝見したいものでしたが・・。

鏡開き

なんとまあ、現代風の鏡開き!!興味津々でジッと見ていたこの動画。

さあ、始まるぞっと気合いを入れて(^_^)・・

な~るほど(^_^) 素晴らしい鏡開きでした。

みみサポみやぎ H29-41 鏡開きで無病息災を願う

1
  • //-->
  • 関連記事

    カテゴリー

    タグ

    月別アーカイブ

    人気記事ランキング

    新着記事

    最新人気記事情報!