黒田 引退の決意の背景に「9回を投げられない体になった」

ニュース

//-->

今季限りで引退することを発表

広島の黒田博樹投手(41)が18日、広島市内のホテルで記者会見を行い、今季限りで引退することを表明、会見後に記者団の取材に応じた。

―決意の固さは

 「きょうオーナーにあいさつに行った時も言わせてもらったんですけど、今まで先発して完投してというスタイルでやってきて、9回を投げられない体になったというところで、やっぱりほかの選手に対しての示しというか、そういうのを見せられない歯がゆさというのは常にあったので。それ(リーグ優勝)も大きかったですね。いい経験をさせてもらいました」

 ―もし優勝していなかったら

 「それは分からないですね。自分の中では、それは分からないですね」

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

広島東洋カープの黒田博樹投手は、10月18日に今期限りで現役引退を発表した。
プロ野球の生活に分かれを告げることに「悔い無し!」と。
22日に開幕する日本シリーズでは日本一を目指すが、その直前に控える中での表明は、チームメートやファンへの熱い思いが確り込められていた。


18日の夕方、マツダスタジアムでの練習前、ナインらに引退表明の意向を伝え、その後、記者会見で9月10日のリーグ優勝決定後、現役引退の意向を固め、マツダオーナーや鈴木清明球団本部長らに承認されていたことを明らかにした。

この時期の引退表明には葛藤があったが、次ぎの登板が最後かもしれないので、その前にチームメイトに伝えなければいけない気持ちと、今まで応援してくれた多くの人に支えられてきたのでその人達へは自分の口で伝えないといけないと思ったそうである。


1
  • //-->
  • 関連記事

    ピックアップ!

    ピックアップ!

    カテゴリー

    タグ

    月別アーカイブ

    人気記事ランキング

    新着記事

    最新人気記事情報!